トップページ > 採用情報

仲間を、知る。

学生から社会人になるにあたって、いろんな期待や不安があることでしょう。でも、そんな心配する事はありません。

今、当社で活躍している若手先輩社員も、皆さんと同じ期待や不安を持ちながら学生から社会人になり、いろいろな経験を積んで日々の業務に励んでいます。

そんな先輩方から、現在の仕事内容ややりがいを聞きました。

蔬菜部課長 山田大介

信用、信頼。目には見えない毎日の人と人との関係づくり

現在の仕事内容について

1.まず5時の出社後、競売する青果物のチェック
(品物の品質、状態、数量の確認)。

2.競売
セリ台による固定競売から始まり、地場野菜の流れ競売へ。
流れ競売は一人のセリ人(売り手)に対して複数の買参人(買い手)を相手にします。競売は真剣です。
ダラダラと販売するのではなく、テンポよく競り落としていくのが重要で売り手は買い手が出したヤリ(値段を意味する指の形)を読み取り、その品物に対して適正な価格であるか瞬時に判断しセリ落とさなくてはなりません。競売のムードを作り上げるのもセリ人として重要であり、日々の積み重ね、経験が何よりも大切です。

3.量販店(スーパー)との商談。
青果市場には日々、スーパーのバイヤーと呼ばれる人たちや仲卸と呼ばれる人たちも出入りしています。私たちはそうした人たちと毎週、これからスーパーは何をいくらで売りたいのか、またこちらが何を売ってほしいのかなど産地状況、消費動向をふまえて話し合いながら商談を行います。
また青果物には旬があります。春夏秋冬で旬となる野菜があり、それらの情報をタイムリーに量販店に紹介して販売してもらうのも私たちの重要な仕事のひとつです。

この会社に入社して良かったこと

新潟県下だけでなく全国各地から昼夜を問わず新鮮な野菜が入荷しています。私たちはそれらの野菜の競売や相対取引により販売するだけが仕事でなく、それらを市場に出荷して頂いている全国からの生産者、JA、出荷団体との交流を通して信用、信頼を築き上げその下に私たちの仕事が成り立っていることに気づかされました。そうした目には見えない毎日の人と人との関係づくりが何よりも大切であり、これからも積み重ねていきたいと思います。

果実部課長代理 金塚伸男

自分が販売した商品を買ってもらった喜び

現在の仕事内容について

出社後は商品のチェックや競売の準備します。仲卸や量販店のバイヤーに向け商品の販売や今後の取引の商談をして事務所に戻ったら販売した商品の数量・販売先・価格等帳面処理を行います。また産地へ当日販売した価格連絡をします。午後には翌日の注文、産地からの出荷数量を取りまとめて翌日分の分荷作業をします。

この会社に入社して良かったこと

全国各地、海外にも出張に行きました。
出張は色んな刺激を受けます。また自分で品目を担当することによってその品目に対する商品知識がつき、自分が販売した商品が実際に量販店などに並んで消費者の方に買ってもらうのを見たときです。

新潟中央青果が取り扱う野菜(蔬菜)・果実。
この二つにはどのような違いや特徴があるのでしょうか。

果実部 山﨑翔太

コミュニケーション能力が身につきます

現在の仕事内容について

上司の下について、サポートをする役割の他に品目を任され、仲卸や小売りのお客さんを相手に販売をしています。また、品物の残数の確認や荷物の分荷といった作業からフォークリフトを使っての運搬そして事務所での事務作業など幅広く業務をこなしています。

この会社に入社して良かったこと

売り場で接するお客さんの数がとても多いのでたくさんの人と話す機会があります。自然とコミュニケーション能力が身につきます。またその場で値段の交渉をして品物が売れていくので自らの力で販売して取引が成功する喜びを直に感じることが出来ます。

果実部 弦巻雅也

さまざまな地方のお客さんからの刺激

現在の仕事内容について

輸入果実を扱っているので朝が早いです。朝3時に出社し、バナナの荷受け、分荷作業を行います。たくさんのお客さんが来るので間違えずに分荷しなければいけません。その後は売り場に行き、仲卸や小売りの人たちと相対取引をします。終わったらアールスメロンのセリと流れ競売の手伝いをします。流れ競売終了後は残った品物の整理と数のチェックをして事務所に戻って事務処理を行います。

この会社に入社して良かったこと

販売促進で京都・大阪に出張で行けたことです。新潟では出会うことのできないお客さんと接することができてよい刺激になりました。この経験を日々の仕事に生かしていきたいです。

果実部 角川真裕美

家族や友人に自慢できる仕事です

現在の仕事内容について

上司や先輩社員の方々の仕事のサポートを主に行っています。朝のセリではセリ人と一組になって帳面付けや割符(カップ)書きを行っています。在庫の確認をして買人の方々とコミュニケーションをとることも重要な仕事の一つです。また、店舗での販売促進やキャンペーンの手伝い等も行います。

この会社に入社して良かったこと

青果物の数も種類も多く集まる職場のため、人よりも様々な果物の名前や1つの果物でも品種が異なると、味も特徴もだいぶ異なることが分かるので家族や友人に自慢できます。また、新潟に住んでいながらも今まで聞いたことがないような品物を見たときには新たな発見や驚きも感じられます。さらに販売するためには味を知っていることも大切なので、試食で珍しいものが食べられたときはラッキーだなと思います。

果実部 齋藤翔

種類や特徴など青果物のさまざまな知識が手に入る

現在の仕事内容について

上司の下で様々な仕事のサポートをしつつ仕事の中身を知ることが主です。品物の残数や整理、事務処理などを行っています。

この会社に入社して良かったこと

青果物の種類や特徴など知識が深まったことです。また、休日が水曜日と日曜日にあるので平日に人ごみを避けての外出が出来ることです。

六日町支社営業部 小杉遥

人間関係も魅力のひとつです

現在の仕事内容について

営業と管理の業務を掛け持ちで行っています。早朝からは売り場で荷受業務を行い、競売補助、競売の帳付けをする事までが大体の仕事です。午後は翌日の発注に関わる業務をします。
競売後からは管理部の業務を行っていて、主に荷受入力・販売入力・仕入原票の入力、買参人への単価報告、納品伝票の単価チェック、電話応対などをしています。
2つの部署に携わっているので勉強不足を痛感する部分もありますが、営業部でも管理部でもマルチかつ柔軟性をもって活躍できる唯一無二の人材になれるよう、日々精進しています。

この会社に入社して良かったこと

美味しい旬の物や自分の知らない青果物に出会える事も1つの魅力ですが、もう1つの魅力はずばり「人間関係」です。わからない事があって手が止まっているとすぐに駆けつけてくれる上司。上手くいかずに落ち込んでいると声をかけて下さる仲卸業者さん。いつもは少し怖いけど「市場には慣れたか?」と、気にして下さる買参人さん。自分は多くの人に助けられている事を実感します。その感謝の気持ちをモチベーションにして仕事をすることができる素晴らしいところであり、この会社を選択して良かったと感じるところです。